ハーブは法律によって規制されているものではありませんが、それが身体にとって悪影響がない、という理由にはなりません。
例えば、煙草というのは法律で規制されているものではなく、未成年が喫煙をすること以外は法律によって許可されているものです。
しかし、これを大量に摂取してしまうと、身体にも悪影響があるということはよく知られていると思います。

あくまで、適切な摂取量を守らなければ、身体にも悪い影響が起こる可能性があるということですね。
また、アルコールについても、適量を守らなければ危険があるということが考えられます。
ハーブについても、あくまで節度ある使い方をしなければならないということです。