観賞用、お香という名目で販売されるものであり、植物や植物加工品のドラッグについては、ナチュラルドラッグと呼ばれるものです。
ナチュラルドラッグの中でも、効果が遅効性であるというものが多くあり、オーバードースには注意が必要になります。
これは、有効成分がトリプタミン系、フェネチルアミン系に分類されるものも多く含まれて居ます。
主に、経口や喫煙によって摂取をするものです。

マジックマッシュルームなどは、麻薬していされた有名なナチュラルドラッグとして知られています。
2006年ごろになると、合成カンナビノイドをナチュラルハーブに吹き付けて効果を高めた商品も出てきています。
合成カンナビノイドは、マリファナの麻薬成分であるカンナビノイドと良く似た成分のものを、人工的に作り出したものであり、類似物質を大量に作り出
すことができるものです。

人気サイト
親鸞会で仏教を・・。名古屋で講演会も開催!